探偵業法の詳細について

探偵業法と探偵の業務とは

探偵業法

探偵事業と探偵業法

 

探偵業の業務の適正化に関する法律、通称で探偵業法と呼ばれている法律があります。これは探偵の業務について定義づけるための法律で、探偵としてやっていいことや悪い事、義務、探偵の営業資格を剥奪される場合などについて書いてあります。
『他人の依頼を受けて、特定人の所在または行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する』
これが探偵業務の定義であり、細かい事を言うのであればさらに、これらを違法行為を用いずに行うこと(当然の事ではありますが)が探偵の業務内容となります。
また、これらの業務を行うにあたり、公安委員会に届出を提出し、認められる必要があります。

 

探偵の調査の色々

 

この探偵の調査ですが、様々な種類があります。よく聞く浮気調査や素行調査などは、行動調査と呼ばれる部類に入りますが、これは数ある調査のうちの一種でしかありません。
行方不明人の捜索、企業スパイの発見、保険金の請求、不正アクセス対策やサイバー犯罪の調査など、調査内容は実に様々です。
調査方法も様々で、同級生や電話会社の社員のフリをして情報を抜き出す電調(これは失敗のリスクが高いため、やる人はあまりいませんが)や、情報を売っている業者から個人情報を入手する、そうして得たデータまたは依頼人から提供してもらったデータを下に、パズルを組み合わせるように調査対象の情報を揃えていくデータ調査などなど。足を使った尾行や張り込みもありますが、それは今ではあまり使われません。
また、上記の文中に情報屋や知り合いのフリ、他にも個人情報を取るといった、見ていて不安になる言葉が多々出てきますが、探偵の調査範囲も個人情報保護法によって決められており、きちんと法律の範囲内にて業務を行っています。

 

探偵を守る、探偵が守る法律

 

探偵は、個人情報を多数扱ったり尾行など一歩間違えれば不審者といわれそうな事も業務にありますが、それらは全て、法律の範囲内での事です。個人情報保護法、探偵業法、探偵業務にも様々な法による規制があり、違法的な調査をすれば探偵営業を停止させられることもあります。

 

企業調査関連サイト
探偵業者は数多くありますが、大手探偵事務所は数えるほどしか存在しません。響・Agentは、大手探偵事務所の1つであり、浮気調査を専門としているので、夫や妻の不倫を突き止めたい方は、まず響・Agentの特徴を把握してから相談してみてください。・・・・・・響・Agentの特徴